スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任天堂、DSのテコ入れへ

携帯型ゲーム機、任天堂がテコ入れ iPhoneに対抗(NIKKEI NET)

 任天堂は国内外で携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」シリーズの販売をテコ入れする。国内では最新型「DSi」の画面を大型化した新製品を年内にも投入。主要顧客の若年層に加え、高齢者の需要も掘り起こす。海外では2009年度中にも中国と韓国で、海賊版ソフトの使用を制限する機能を高めたDSiを投入。品ぞろえを拡充し、追い上げが激しいソニーや米アップルなどに対抗する。

 大ヒットしたDSiも発売から約1年が経過し、売れ行きが鈍ってきている。月単位の販売台数はピーク時の3分の1にとどまる。そこで新機種や新機能で需要を喚起する。

任天堂が大型画面採用の新型ニンテンドーDSiを年内投入か?(Yahoo―ファミ通)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091027-00000003-famitsu-game

任天堂が「ニンテンドーDS(以下、DS)」についてテコ入れを行うようです。具体的には画面のより広いDSを年内に投入するのではないかということと、中国・韓国に対しては海賊版防止を施したものを投入するのではないかということです。WiiもPS3の追い上げにあって5,000円の値下げを余儀なくされたことに続くテコ入れ策となります。

2年前までくらいには手に入れたくても手に入らなかったDSが、今では何の苦労もなく手に入れることができます。DSの流通が一巡したためですが、同時にソニーのPSPが脅威になってきていることもありますが、任天堂が密かに強敵と睨んでいるのは、実はアップルのiPhoneやiPodのタッチパネル式ではないかと考えてテコ入れを打つに至ったのだと思います。タッチ式形態ゲームの元祖がDSなわけですから、「嫌な相手が団参入してきたな~」と思っているのでしょう。
スポンサーサイト

TDRの上期入場者速報

東京ディズニーランド&シー 入園者5・7%減(Yahoo―ビジネスアイ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091001-00000012-fsi-bus_all

東京ディズニーランド・東京ディズニーシー2009 年度 上半期入園者数(速報)

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドって、こういう集客状況もリリースするんですね。今期の上半期は前期に比べて集客が落ちていますが、これは前期が大イベントがあったためで、そういうもののない今期の集客減は織り込み済みであり、特別影響はないということです。集客数が減ったといっても開園してから過去3番目の最大入場者数なわけですから、「驚きなさんな」と言いたいところでしょうが・・・。

それでも他のテーマパークからすれば「TDRの集客力が羨ましい・・・」ということになるわけです。いろいろ手を尽くしても集客数が伸びないわけですから。集客数に悩んでいるテーマパーク関係者は、一度ビジネス抜きでTDRに行って「アミューズメントとは何か」ということを体験したほうがいいのかもしれません。

世界経済回復の「最初の」兆し

経済回復の最初の兆し=報酬規制、年末まで決着へ-米財務長官(Yahoo―時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090925-00000021-jij-int

とりあえず、世界経済回復に向けて「最初の」兆しは見えたということを述べているようですが、言い様によっては「まだ完全に回復したというレベルではない」という解釈もできるでしょう。1年前の世界不況で一番の被害者がアメリカ(2番目はおそらく日本)でしょうから、実際の被害国として慎重な言い回しに徹したのかもしれませんが、若干は今の経済状況を積極的に捉えることができているのかもしれませんね。

ただ、ドル至上主義というスタンスは変わらないようで、その点はアメリカらしいのでしょうが、もっと現実を見てほしいような感じはします。

トヨタ、証券事業から撤退へ

トヨタ、証券事業を譲渡 東海東京証券と合併(NIKKEI NET)

 トヨタ自動車はグループの証券事業を譲渡する方針を固めた。金融子会社が保有するトヨタファイナンシャルサービス(FS)証券(名古屋市)の全株式を2010年1月に独立系中堅の東海東京フィナンシャル・ホールディングス(FH)に譲渡。トヨタFS証券は同年4月に東海東京FH傘下の東海東京証券と合併する。トヨタは経営資源を自動車事業に集中させ、収益力強化を目指す。

(ここまで)

トヨタ、証券事業譲渡で調整…事実上の撤退へ(Yahoo―読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090924-00000391-yom-bus_all

トヨタって、証券事業にも入り込んでいたのですか・・・自動車ローン関係でファイナンス事業を行うのはわかりますが、トヨタに証券事業というイメージは全くないのでこのニュースを見たときにはびっくりしました。おそらく顧客はトヨタ関係の人ばかりだったのでしょうが、トヨタとすれば事業の優先順位とすれば証券事業はかなり低いランクにあったと判断してもう証券事業は辞める、ということになったのだと思います。

証券事業はともかく、本業のほうがついこの間までのウハウハ状態から一転苦境に立たされているだけに、とにかく本業を立て直すことが最優先されることはある意味仕方がないことではあると思います。今期もエコカー需要はあるものの、それ以外は需要がそれほどあるわけではありませんから、トヨタとしては踏ん張り時です。


PS3、値下げ後にバカ売れ

ソニーのPS3、値下げ後に売り上げが300%増=米子会社幹部(Yahoo―ロイター)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090924-00000180-reu-bus_all

ソニーのプレイステーション3(以下、PS3)がアメリカでは価格を値下げしたら300%、つまり通常の売れ行きよりも3倍も売れているということのようです。それにしても3倍増とは凄いですが、それだけアメリカのPS3ユーザー予定の人としては非常に手が届き安くなったということですし、逆に需要と供給のバランスが一致しなくなる=在庫がなくなってしまうということにもなります。

その対抗策として、任天堂のWiiも価格値下げに踏み切ることになってしまったわけですから、これまでWiiにいいようにやられてきたPS3としてはようやく「してやったり」と言える状況が訪れたと言ってもいいのでしょう。あとはソフトの良し悪しということになってくるのでしょうが、PS3としてはWiiと対等に戦えるというレベルにようやくなってきたことで、両製品の競争がさらに激しくなるのは間違いないでしょう。

アイフル、大リストラ案を発表

アイフルの経営再建案がアイフルから正式に発表されました。

業績予想および配当予想の修正のお知らせ

希望退職者募集に関するお知らせ

事業再生計画(案)の概要に関するお知らせ(事業再生ADR手続の正式申込および受理)

アイフル正社員を半減 リストラ策発表 店舗も3分の1に(Yahoo―産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090924-00000521-san-bus_all

上記のリリースの通り、社員を半数以上、有人無人合わせた店舗も約3分の1を削減するという非常に経営環境としては危険な状態であるということが理解できるような内容になっています。このような状況下でも当初は配当を予定していたようですが当然ながら配当などできる状況ではありません。

消費者金融業界全体にいえることですが、オーナー社長の発言力が非常に強いわけですが、オーナー社長の報酬を減らすとかその点の内容に触れられていないのがかなり気になってしまうところですが、示した再建計画の内容に銀行などが理解を示してくれるかにアイフルの再建はかかってくると思います(取引銀行の一つである住友信託はアイフルを支持するようですが)。

今日から巨人優勝セールが始まります

きょうから銀座などで巨人Vセール(Yahoo―産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090924-00000023-san-soci

昨日、読売ジャイアンツ(以下、巨人)が圧倒的な強さでチームとしても、そしてリーグとしても巨人が結果的に9連覇を成し遂げたとき以来の3連覇を達成しました。それに伴い、お待ちかねの優勝セールが三越をはじめとした一部の百貨店などで今日から行われます。巨人の優勝セールは以前はそごうが一手に引き受けてきたわけですが、今は三越などに分散して行われているわけです。

百貨店業界としては優勝セールは不定期ながらもお客を呼び込めることができる絶好の機会ですから、数日間とはいえいい話を全く聞かない憂さを晴らすことができるのではないでしょうか。それだけの経済効果を見込める巨人の優勝ですが、百貨店としては何としてでも日本一になってもう一回セールをやりたいところでしょう。そのためにはCSでコケては困りますからね・・・。

ウィルコム、私的整理手続きへ

事実上唯一のPHS事業者であるウィルコムも、どうやら最近経営的にはうまくいっていなかったようで、事業再生ADRという私的整理の一つを活用することになったようです。

ウィルコム、返済延長要請へ 私的整理、PHS継続し再建急ぐ(NIKKEI NET)

 PHS大手のウィルコムが、三菱東京UFJ銀行など取引金融機関に約1000億円の債務の返済期限延長を求める方向で最終調整に入ったことが18日、明らかになった。私的整理の1つで第三者機関が仲介する事業再生ADR(裁判外紛争解決)手続きに入る方針を主力銀行などに伝えた。約450万人の加入者がいるPHSサービスを継続しながら、経営再建を目指す。

 債務の減免や貸出債権の一部を株式に振り替える「債務の株式化(デット・エクイティ・スワップ)」には踏み込まないもよう。政府の認定を受けた第三者機関「事業再生実務家協会」の事前審査を経て、来週にも正式な手続きに入る見通しだ。

(ここまで)

ウィルコム私的整理へ 銀行団に返済期限延長を要請(Yahoo―産経)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090919-00000511-san-bus_all

ということは、産経の記事から推測すると、あまりキャッシュの余裕がなかった状態で確かKDDIと共に選ばれた新型の無線通信の免許を得て開発してきたということが考えられるわけです。とすれば、開発費が重荷になってしまったということになるのでしょうが、結果的に事業再生ADRという方法で経営再建を目指すということになるわけですが、非常に心配な状況です。今後も、この事業再生ADRという私的整理を利用する企業が増えそうな感じですね。

三洋にまた試練が・・・

三洋で働いている社員にとっては「またかよ・・・」ということで社内で働くモチベーションにも影響してしまいかねない報道がまた出てきました。

三洋、2期連続の最終赤字に 10年3月期見通し(NIKKEI NET)

 三洋電機の2010年3月期の連結最終損益(米国会計基準)は200億円程度の赤字(前期は932億円の赤字)と、2期連続で赤字になる見通しだ。従来予想はゼロだった。生産の海外移管に伴い希望退職者を募集、800人強に対して払う割増退職金などを特別損失に計上する。発火事故があった洗濯機の点検・修理の費用も膨らむ。

 三洋は海外向けの業務用エアコンの生産を中国に、コンデンサー生産の後工程の一部をインドネシアなどに移管する。約1000人の余剰人員は再配置する方向だが、間接部門を含め希望退職を募集し、17日の締め切りまでに800人強の応募があったもようだ。割増退職金などで50億~100億円の特別損失が発生する見通し。

(ここまで)

三洋の希望退職に800人応募(Yahoo―産経)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090918-00000538-san-bus_all

経営再建といえば現在はJALがマスコミの槍玉に上がっていますが、ついこの間までは三洋電機がその存在であったわけです。その三洋もいろいろと資産の切り売りをしたりパナソニックと統合する案などいろいろと手を打ってきたわけですが、経営状況としてはまた下がり気味のようです。

同時にまた希望退職の希望者も多く募るようで、この点からも三洋の経営危機というものは完全に脱し切れていなかったのではという感じが出てしまいかねませんが、それでも何とかしなければならないわけで、苦しいながらも一丸となって苦境を乗り越えていくしかありません。


NEC+カシオ+日立=NECカシオモバイル

事実上内定していたNEC・カシオ・日立の携帯端末開発会社の事業統合が3社共同で正式に発表されました。

NECの携帯電話端末事業とカシオ日立モバイルコミュニケーションズの事業統合について

NEC、携帯電話事業を日立・カシオと統合(Yahoo―産経)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090914-00000555-san-bus_all

NECはドコモとソフトバンク向けに、日立・カシオはソフトバンクとau向けに端末を開発・供給していたものが3社共同になることによって事実上すべての携帯キャリアに対して端末を開発・供給することになります。

これまでの既報どおりメインの出資企業はNECということで、基本的にはNEC色をメインに、サブ的にはカシオ>日立という立場になっていくのでしょうが、3社それぞれの強みを消さないようにしてもらいたいものです。

テーマ : 企業経営 - ジャンル : ビジネス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。