スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロソフトのヤフー買収オファー、断念・取り下げへ

(NIKKEI NETより)

米マイクロソフト、ヤフーへの買収提案を取り下げ
 
 ソフトウエア最大手の米マイクロソフト(MS)は3日、インターネットサービス大手の米ヤフーに対する買収提案を取り下げたと発表した。MSは最終的に、当初より約50億ドル高い買収額を提示してヤフーに買収合意を求めたが、ヤフーはこれを拒否したという。MSによるヤフー買収戦は1月末の提案から約3カ月で交渉が決裂した。

 ただMSヤフーとも独力でのインターネット事業の強化は困難との見方が多い。交渉決裂後も両社を軸に業界再編の可能性がある。

(ここまで)

関連記事:マイクロソフト、ヤフーへの買収案撤回を発表(Yahoo News―ロイターより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080504-00000400-reu-bus_all

マイクロソフト、ヤフー買収を断念(CNET Japanより)

何か昨日ヤフーマイクロソフトとの買収オファーに対して、ようやくヤフーが交渉に応じたという動きがあったようですが、最終的にヤフーは「独立独歩主義」をこれまでどおり強く押し通したということになるのでしょう。マイクロソフトとしては不振を極めているインターネット事業についてやはり(これまでに比べて)業績の芳しくないヤフーを取り込むことでグーグル1人勝ち状態を何とかしたいと目論んでいたのがヤフーの強烈な「マイクロソフト拒否」でポシャった、ということになります。

これでマイクロソフトにしてもヤフーにしてもまた独自でグーグルに対抗しなければならなくなりましたが、この状況をほくそ笑みながら見守っていたのは間違いなくグーグルでしょう。油断はできないけれども当分は我々(=グーグル)の天下が続くいうことになるのは確実でしょうね。特にマイクロソフトにとっては最大のM&A案件として非常に力が入っていたはずですが、「ヤフーの壁」は厚すぎたと言ってもいいでしょう。しか上記のとおりグーグルの「1人勝ち」に両社が対抗できるかというと、相当きついものがあるのが現状だけに辛いものがあるでしょうね・・・。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。