スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GM、所有するスズキ株式を全株売却

米GM、スズキ全株を売却 業務提携は継続へ (NIKKEI NET)

 スズキは17日、米ゼネラル・モーターズ(GM)が保有するスズキ株(発行済み株式の約3%)全株を取得すると発表した。18日にGMが市場で売却し、スズキが約223億円で買い取る。経営危機が深刻化するGMは当面の資金繰りが悪化しており、資産売却を急ぐ。GMには自助努力の姿勢を示すことで、米政府の自動車産業への支援を引き出す狙いもある。

 スズキの鈴木修会長とGMのリチャード・ワゴナー会長が電話会談し、全株式の売却で合意した。かつてGM富士重工業いすゞ自動車にも出資していたが、今回のスズキとの資本提携解消で、出資する日系自動車メーカーはなくなる。

(ここまで)

関連:GM、スズキの株式を売却へ…資本提携を完全解消(Yahoo―レスポンス)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081117-00000013-rps-ind

GMは当座のキャッシュ確保のためにここまで追い詰められているのかという印象です。スズキの所有株式が3%といえ、キャッシュになるのであれば売らざるを得ないというところが非常に辛いところでしょう。それでも223億では全く足りないというのが現実のはずです。もう一ケタ多くても「足りない!アメリカ政府助けて!」というのが現在のGMですから。さすがにアメリカ政府も潰さないとは思いますが(おそらく)。

規模の差も当然あるでしょうが、スズキはGMが所有しているスズキ株式を全て「キャッシュで」買うということを考えると、アメリカの自動車産業というものがいかに日本にリードされてしまっているかということもうかがえると思います。今後も「天下のGM様」がキャッシュ確保のためには頭を下げなければならない日々が続いていくのでしょう。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。