スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国の最低賃金の動向が固まる

<最低賃金>時給額引き上げ…平均は687円に(Yahoo News―毎日新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070907-00000109-mai-pol

最低賃金には都道府県別の最低賃金と産業別の最低賃金があり、今回まとまったのは前者のほうです。そして最低賃金の決定方式は引用リンクに記載されている地方最低賃金審議会方式と労働協約拡張方式の2種類がありますが、決定方式としては圧倒的に前者の割合が多いです。また、一度決められた以上労働者に最低賃金の保証をしなければなりません。最低賃金以下の賃金で労働させた場合は最低賃金法による罰則が課せられます。

今回決まったのは都道府県別の最低賃金ですから、地方によって生活レベルがまちまちであることを考えると最高の東京と最低の秋田・沖縄の最低賃金の格差についてはどうしようもない部分があるのは事実で、格差問題がささやかれている現代社会ではあってもこればかりは何ともいえない部分があると思います。民主党が主張している「最低賃金1000円以上」というのはその実態というものを全く分かっていないということを晒しているようなものです。もちろん最低賃金が上がれば嬉しいことには間違いありませんが、民主党案のようなことが実現してしまうとかえって地方経済の崩壊を招いてしまいそうな気がしてなりません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。