スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍総理、臨時国会で所信表明

不信を招いたことを深く反省=安倍首相・所信表明演説(Yahoo News―ロイターより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070910-00000999-reu-bus_all

今日から臨時国会が始まりますが、国会初日の恒例行事は総理大臣の所信表明演説です。昨日安倍総理が「テロ特別措置法」を継続できなかった場合には総理の座を捨てる覚悟であると語った上での今日の所信表明演説でしたが、衆議院のとき(与党が3分の2以上)と参議院のとき(野党が過半数)の盛り上がり方がコントラストを描いていたように思います。

そういう中で安倍総理は国会運営をしていかなければならないわけですが、安倍総理でなくても=仮に安倍総理に代わる人が出てきても最低3年間はこの衆参逆転という現象は変わらないわけです。となれば誰が総理になっても同じことですからこの安倍総理に続けてもらうことで「ポスト小泉」の後継者たるプライドというものを見せ付けてもらいたいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。