スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神と関西経済と日本経済

阪神快進撃で関西経済に刺激、年末高相場の期待も(Yahoo News―ロイターより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070910-00000058-reu-bus_all

ここで出てくる「阪神」とは路線としてはモロに阪急と被る電鉄ではなく、その阪急に敵対的TOBで助けてもらった百貨店でもなく、唯一競合しない(阪急は手放してしまった)球団=「阪神タイガース」のことです。このロイターの記事では、この時期になってセ・リーグの首位に躍り出た阪神タイガースにおける経済効果というものを分析している内容になっています。阪神の優勝は正直言うと関西経済だけでなく日本全国で経済効果というものが波及します。阪神が優勝したときの日経平均株価もそれを証明しているかの当時の上昇振りを記載しています。

残り1ヶ月弱のセ・リーグの動向で上記のような経済効果が表われるかそうでなくなくなるかということが分かってしまうので、関西経済はもちろんのこと日本経済全体としては阪神タイガースの躍進振り(現時点で10連勝=藤川球児が10連投)にすがりたいところでしょう。とにかく阪神の優勝については盛り上がりが全く違うレベルにあることはご承知の方も多いでしょうから・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。