スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機械受注は増加基調

7月機械受注(船舶・電力除く民需)は前月比+17.0%(Yahoo News―ロイターより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070911-00000153-reu-bus_all

「機械受注統計は、機械メーカーが受注した設備用機械について毎月の受注実績を調査したもの。設備投資の先行指標として注目されている」ということなので、業績アップのためには設備投資が不可欠→そのために何とかして業績アップを→一部メーカーは過去最高の業績を達成するところもある→余裕ができたので設備投資をする、という好循環のサイクルが7月時点とはいえ数字に表われているのだと思います。

この数値統計が今日の日経平均株価に(当然いい意味で)反映されるといいのですが・・・。現時点ではちょっと反応が鈍い感じがしますが株価としてはいい材料になるのは間違いありませんから、特に午後の株価(特に機械メーカー)の動向というものが気になるのではないでしょうか。株式市場関係者としては「いい材料が出たのだから昨日のようにはなってほしくない」というのが本音だと思いますが・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。