スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ホワイトカラーエグゼンプション」に対する舛添大臣の反応は

「家庭だんらん法」に言い換え指示=「残業代ゼロ法」で舛添厚労相(Yahoo News―時事通信より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070911-00000076-jij-pol

今年の初めあたりに経団連が特に主張していた「ホワイトカラーエグゼンプション」ですが、結局労働者の強い批判により法案提出すらできず見送りになったわけですが、舛添厚生労働大臣は「イメージが悪い」ということで記事タイトルのような法案(実際は労働基準法の改正案)にしろと言い換えを強く要求しているようです。意味合いは「残業をなくすくことによって家族団らんの機会を与える暖かい制度」ということのようです。

これが舛添大臣の思うとおりになるのかというのははっきり言って不透明です。舛添大臣の思うとおりになるためには各企業の方向性がその方向に向かわなくてはならないからです。ただでさえ企業は残業を(事実上)強要させています。「ホワイトカラーエグゼンプション」でも対象はごく一部の労働者に限定されていたはずですが、「家族団らん」をさせるためにはむしろ残業を強要させない仕組みづくりというものが必要になってくるのだと思います。舛添大臣にはそういう方向で労働行政を行ってほしいと願っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。