スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「安倍パニック」に与野党から批判

<安倍首相辞意>与野党とも「全く無責任」と強い批判(Yahoo News―毎日新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070912-00000072-mai-pol

結局、イメージとしては「匙を投げた」「逃げた」ということになりますから野党はともかく与党からも批判が出るのは当然でしょう。だとすれば参議院選挙の結果を受けて辞めるか、それとも2年と少しある衆議院の任期満了まで強い批判を覚悟しながらも続けるか、どちらかはっきりしてもらいたかったと思います。臨時国会が始まったばかりだというのにこの有様では「何のための続投?」と批判されても仕方がないでしょう。

このため、自民党は新しい総裁を選ばなければならないし、内閣も総辞職ですからこの間選ばれた大臣などはまた選び直さなければならないという政治空白ができます。まさに「安倍パニック」の1日になってしまったと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。