スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TBS楽天の関係はまた一時停戦となる可能性が高くなってきました。

(NIKKEI NETより)

TBSの買収防衛策発動手続き、見送りを決定

 TBSは12日、取締役会を開き、楽天に対する買収防衛策発動の手続きを見送ることを決めた。TBSの第三者機関「企業価値評価特別委員会」が7日に出した現時点での防衛策は発動しないようとする勧告に従った。ただ、楽天が乱用的買収者になる可能性が否定できないなどとして、業務提携には慎重な姿勢を示している。

 TBSの井上弘社長が12日午後に記者会見を開いて正式に発表する。TBSの防衛策の発動は臨時株主総会に諮る仕組み。当初、10月中旬に東京都内のホテルで開催する予定だった臨時株主総会を中止する。

(ここまで)

関連記事:楽天に買収防衛策を発動せず、TBSが決議(Yahoo News―読売新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070912-00000506-yom-bus_all

TBS楽天に対する買収防衛策の発動は正式に見送られることが決まりました。TBSの特別委員会が「楽天が濫用的買収者であるとの判断はできないが、今回については見送るべき」という勧告に従うという形になります。

それでもTBSとしては楽天に対する不信感というものはかなり強いですから、提携交渉再開ということは基本的には考えられないので、またTBS楽天の関係については膠着状態に入ってしまうのかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。