スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロミスによる三洋信販に対するTOBが終了

プロミスの三洋信販TOB 9割超確保へ 業界再編呼び水に(Yahoo News―産経新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070914-00000042-san-ind

三洋信販の経営不振が発覚したことでプロミスが救済という形で子会社化=TOBを行ったわけですが、三洋信販の株式を9割以上確保したということでTOBとしての目的は達成できたようです。最終的には三洋信販を完全子会社化しますから、東日本中心のプロミスと九州はじめ西日本中心の三洋信販という全国ネットの消費者金融会社が誕生することになります。

もっとも全国ネットになったからといって消費者金融業界の現状がよくなるというわけではなく、「レイク」のGE(コンシューマー)が日本の消費者金融業界に見切りをつけて売却を予定していること、シンキ業績下方修正に見られる中堅レベル以下の業界の低迷状況、当然金利の問題もありますから厳しい状況に変わりはないわけです。そういう中で業界トップになるプロミス三洋信販連合(主導権を握るのはもちろんプロミスですが)がどのように業界としてのリーダーシップをとっていくかが業界の今後の方向性に影響を与えることになると思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。