スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレディア、自力再建を断念=民事再生手続きへ

(NIKKEI NETより)

消費者金融のクレディアが民事再生法・改正貸金業法で経営悪化

 東証一部上場の消費者金融中堅、クレディアは14日、民事再生法の適用を申請すると発表した。同社は業界16位で貸付残高は約1000億円。負債総額は757億円。個人向けローンの金利規制強化などを盛り込んだ改正貸金業法の成立で業界の収益環境が悪化しており、再建を断念した。改正法成立後の上場消費者金融の破綻は初めて。

(ここまで)

関連記事:クレディアが民事再生手続き開始を申し立て、貸金業法改正で財務悪化(Yahoo News―ロイターより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070914-00000978-reu-bus_all

民事再生手続開始の申立てに関するお知らせ(クレディアのリリース)

中堅レベルの消費者金融会社であるクレディアが自力での経営再建を断念し、民事再生の手続きを申請したようです。やはり経営が厳しくなっていた三洋信販プロミスTOBという形で助けてもらったりしている消費者金融業界の厳しさ、特に巨額の引当金を積まなければならない中堅以下の消費者金融会社にとってはクレディアにような事例が起こってもおかしくない状況にあると思います。

クレディアは来週から整理ポスト=上場廃止になるわけですが、これがきっかけとなって連鎖反応が起きなければよいのですが・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。