スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FRB、利下げ発表

米FRB、政策金利の0・5%引き下げを決定(Yahoo News―読売新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070919-00000102-yom-bus_all

本国で発生したサブプライム問題の責任をとったのかどうかは分かりませんが、FRBがついに「政策金利引き下げ」に踏み切りました。今回の利下げについては「金融市場の動揺が米経済全体に与える打撃を抑えるための措置だ」と指摘。「物価の安定と持続的な経済成長を維持するために必要に応じて行動する」というのがFRBの声明ですから、やはりこのままではアメリカ経済は危険な状況になってしまうという判断だったのだと思います。ドルも急反発し「前日比335ドル97セント高の1万3739ドル39セントと7月25日以来の高値で終えた」ようです。

このFRBの利下げですが、当然今日の東京株式市場にもいい意味で影響が及ぶものと思われます。昨日は金融株を中心に売られて急落しましたが、今日はおそらく急反発することが確実視されると思います。また日本銀行が考えている利上げですが、ECBや今回のFRBが利下げをしたことを考えると、やはり利上げということは世界的な傾向からすれば難しいものと考えます。 東京市場の取引が始まりましたが、いきなり昨日の急落を吸収する急反発でスタートしました。やはりFRBの利下げ効果というものは大きかったことは確実です(まだ始まったばかりではありますが)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。