スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代無線通信、ソフトバンク連合の特徴はISP連合

WiMAX事業、ソフトバンク、イー・アクセス陣営も固まる――企画会社の資本金200.5億円を調達(Yahoo News―RBB TODAYより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070920-00000015-rbb-sci

次世代高速無線通信の免許獲得競争で、ついこの間発表されたKDDI連合の全容が明らかになりましたが、今度はソフトバンクイーアクセス連合の全容が明らかになったようです。ソフトバンクイーアクセス連合はKDDIの事業者連合とは一線を画し、ニフティソネットなどのISPと手を組むことであくまでもネット接続を主とするアピールを行うのではないかと思われます。

たった2事業者しか与えられない免許に、単独で申請するウィルコムやその全容が明らかになっていない(?)NTTドコモアッカ連合を含めたそれぞれの事業者(連合)の思惑を総務省がどのように判断するか、総務省の担当者も頭を痛めていることだと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。