スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEC、ナスダックへの報告書等の提出が期限に間に合わないことが決定=ナスダック上場廃止へ

NEC、上場維持断念 米ナスダック、年次報告準備できず(Yahoo News―産経新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070922-00000074-san-bus_all

米国会計基準による過年度財務諸表およびADRのNASDAQ取引について(NECのリリース)

結局、米ナスダックからNECに要求されていた過年度の財務諸表や分析報告書などの提出を猶予してもらっていたものの、結局最終期限までに提出することは無理だ、とNECは認めてしまったわけです。これでNECは米ナスダックから上場廃止を宣告されることになると思います(NECも覚悟しているようです)。

当然日本の会計基準と米国の会計基準とは大きな違いがありますから米国に上場する以上はしっかり米国ルールで対応しなければならないはずです。NECはこの基本原則を甘く見すぎていたのではないかと思います。今後ナスダックに上場しようかと考えている日本企業にとって今回のNECの件が大きく影響しないことを願うばかりですが・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。