スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR東日本、「駅ナカ」課税を渋々受け入れ

「駅ナカ」 追加課税「納得」 JR東、支払い受け入れ(Yahoo News―産経新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071003-00000083-san-soci

大宮や品川などの大ターミナル駅を中心にJR東日本が進めている「駅ナカ」ビジネスですが、その「駅ナカ」ビジネスにおける店舗などの固定資産税について東京都が見直し=追加課税を請求することに対してJR東日本の社長は「それなりに納得して支払うことになる」とコメントしたようですが、「納得して」支払うのではなく「それなりに納得して」というコメントから渋々受け入れるというのが明らかに理解できます。

東京都が見直しをするわけですから、神奈川県埼玉県千葉県といった「駅ナカ」ビジネスを展開できるほどの構内の広い駅についても固定資産税の見直しをすることは確実視されると思いますが、これが原因で「駅ナカ」ビジネスの進行が停滞することになってしまえばそれこそ本末転倒の事態になってしまいますが・・・JR東日本はこういう事態を想定しているのでしょうか。当然他のJRグループにも影響が及ぶことは確実でしょう・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。