スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府、メトロ株全株の放出を検討

東京メトロ、全株放出も=売却益1000億円-09年度上場で政府(Yahooo News―時事通信より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071006-00000054-jij-bus_all

要するに、政府の財政のスリム化の一環として現在所有している東京メトロ株の全てを放出することを考えているようです。日経の記事によると「政府は05年秋に小さな政府を目指し資産・債務改革方針を決定、保有資産の処分を急いでいる」「政府は民営化法人の株式売却で合計8兆円強の収入を得る目標を立てている」ということですから赤字体質の財政を所有資産の切り売りで何とかしようということがうかがえると思います。

一方の東京メトロとしては政府所有の株式が全て放出された場合は口うるさい「大株主」がいなくなるわけですから、経営の自由度が非常に高まることは確実ですから、JRのように「親方日の丸」という姿勢からは脱却せざるを得なくなるし、引用リンクの時事通信では買収防衛、日経では収益性重視の経営を迫られるということでメトロにそれだけの覚悟ができているかということが非常に気になるところです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。