スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミリーマート、中間決算

ファミリーマートの中間連結営業利益は過去最高、既存店も堅調(Yahoo News―ロイターより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071010-00000741-reu-bus_all

平成20年2月期 中間決算短信(ファミリーマートのリリース)

ファミリーマート中間決算は典型的な増収増益、中間配当も増配という優良企業によく見られるいい傾向の決算のようでした。中間とはいえ営業利益は過去最高ということですからバックに小売店のないコンビニエンスストアとしては非常に健闘しているものと思います。通期も業績としては据え置くものの増収増益という見通し(配当も中間と同様の増配)を立てていますが、下方修正をしないように投資家としては願うばかりでしょう。

ファミリーマートの弱点とすれば上記にも書いたとおりバックに大手小売がないため(基本的に)独立系のコンビニエンスストアということで自前で電子マネーカードを開発する余力がないことですが、この点は「「Edy」「D」に対応した共用決済端末を全店に導入したほか、「Suica」を首都圏全域に拡大いたしました。」という既存の電子決済システムをいかに全国に浸透させるかということにかかってくるのではないかと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。