スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三洋電機の携帯電話事業、京セラに譲渡することで基本合意

三洋の携帯事業は京セラへ、両社が基本合意(Yahoo News―Impress Watchより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071011-00000024-imp-sci

京セラ株式会社との携帯電話事業譲渡に関する基本合意のお知らせ(三洋電機のリリース)

三洋電機(株)携帯電話事業の譲受けに関する基本合意について(京セラのリリース)

午前中の日経の記事で報道されたとおり、三洋電機京セラ携帯電話事業の譲渡をすることを三洋電機京セラから正式に発表されました。これで現在交渉中の半導体事業の譲渡が終われば三洋は売れるべきものをほとんど(白物家電事業の譲渡も確か検討中だったはず)売ったことになりますから、残った電池などの事業で経営再建を図っていくことになります。「選択と集中」をほとんど終了させたはずですから、これで業績が上がらなければ本当に見捨てられることになってしまいます。

もっとも三洋のリリースでは、「最終合意に向けて、当社は対象事業を会社分割等の方法により拠出し、新会社の設立を行うことを決定する可能性があります」ということですから、まだ三洋の影響力が野来るという可能性も残されているような感じがしますが、具体的に内容はこれから詰めていくようなので、近いうちに両社から具体的な内容が発表されることになるでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。