スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドン・キホーテ、長崎屋の買収を正式発表

ドン・キホーテ、キョウデンなどから長崎屋株86%取得へ(Yahoo News―ロイターより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071012-00000178-reu-bus_all

株式会社長崎屋株式取得に関するお知らせ(ドン・キホーテのリリース)

特定子会社の異動(譲渡)に関するお知らせ(キョウデンのリリース)

なぜドン・キホーテ長崎屋に目をつけたのかはわかりませんが、会社更生計画が前倒しで終了したことでこれからどのような経営方針で行くかと長崎屋が思案していたところに突然のドン・キホーテからのオファーがあり、購買力という点ではドン・キホーテのほうがかなり勝るだろうからそれに乗っかるのもいいともしかしたら判断したのかもしれません。コンプライアンス面でのリスクがあるのは承知しているでしょうが・・・。

また、スポンサーとなっていたキョウデンもその役目は終了したと思っているでしょうから、プリント基板会社が小売業の筆頭株主というあまりふさわしいとは思えない株主構成にキョウデン及びその主要株主はドン・キホーテに株式を全て譲渡することでピリオドを打つことになるようです。

それにしても、普通のスーパー的な存在である長崎屋の一部が「ドン・キホーテ化」するようなことを日経では記載していますが、もしそうなるとすればそれはそれで大きなインパクトがあると思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。