スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みずほグループ、FGと証券で多額の赤字計上へ

みずほ証券最終赤字・9月中間(NIKKEI NETより)

みずほ損失5百億円 9月中間決算 サブプライム余波で(asahi.comより)

<みずほ>証券化商品への投資で数百億円規模の損失(Yahoo News―毎日新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071024-00000129-mai-bus_all

ということで、みずほグループの中でFG証券会社がそれぞれ500億、100億程度の最終赤字を計上するということになったようです。FG証券も原因はサブプライム問題によるものということのようですが、FGに至っては当初の損失が6億円というたいしたことのないサブプライム問題における損失額が500億を修正して計上するわけですから、正直言ってFGにしても証券にしてもサブプライム問題を甘く見た、と言われても仕方がないでしょう。

まだみずほから決算短信などのリリースがない(中間決算の発表もまだ先)ため何ともいえない部分はありますが、みずほがこれだけのサブプライム関連損失を出すことになりそうですから他の金融機関も損失として計上することを考えているはずですし、実際に計上することになるのでしょう。

もっとも、本家アメリカの場合はとんでもないほどの赤字額が計上(メリルリンチは「3Qだけ」で9000億円の評価損計上)されていますから、それに比べたら日本の場合はかわいいものなのでしょうが・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。