スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(差替)NOVA、自力再建断念→会社更生法申請へ

<NOVA>大阪地裁に会社更生法の適用を申請(Yahoo News―毎日新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071026-00000023-mai-soci

今般の経営状況から近いうちに「その日」がやってくると考えられていたNOVAですが、いきなり社長解任・会社更生法申請のダブルでアクションを起こすとは意外でした。会社更生法ですから社長は当然退任です。そのうえで新たなスポンサー探しにということになるのでしょうが、前途はかなり厳しいといわざるを得ません。監査役も決めなければならないし。いきなりこの荒療治ですから、間違いなく社長は緊急役員会の場にも姿を見せなかったものと思われます(実際に姿を見せなかったようです)。

問題になるのは、NOVAがこれまでに行ってきたファイナンスです。若干ながら社債で資金調達をしましたし、一番問題になるのはついこの間発表されてその第一段階が行使された「新株予約権の発行と行使」です。会社更生法ですからNOVA株は当然整理ポストに入ります。よって新株予約権の行使は結局1度もなされぬまま終了することになります。なお、NOVA株は今日一日売買停止になっており、週明けの月曜日からまたマネーゲームが始まることになります。

民事再生法であれば社長がそのまま残って経営再建を主導ということも可能ですが、会社更生法なので社長が残るということはありません(だから社長を解任した)。一時の不祥事がまさか資金ショート→経営破綻の問題につながるとは思っても見なかったはずです。一応新体制の下で再建の道を図っていくことになるでしょうが、昨日のクインランドのように民事再生手続き断念→破産という可能性もないわけではありません。よりによって金曜日に発表というのがなんともいえないですね・・・。なお、NOVAはこのIRを「午前」4時44分にリリースしましたが、ジャスダックから指摘されていた経営危機が原因の「深夜のIR病」は結局直ることなく、11月27日にジャスダック上場廃止になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。