スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(差替)NOVAの保全管理人、「豪華な」社長室を公開

隠し部屋にサウナ…NOVA前社長室「企業私物化の象徴」(Yahoo News―産経新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071030-00000963-san-soci

NOVAの保全管理人も粋なことをするものです。財産が「保全」されているからこそできたことではあるでしょうが、それにしても「豪華すぎる」社長室、それが公開された大阪本社に加えて東京にもあるというのが常軌を逸していますね・・・。当然疑問になるのは「社長室」というよりは「ビジネス」の中枢になるところに不釣合いなモノが多くあるではないか、ということになるでしょう。このニュースや記事を見た現在も残っているNOVA社員や受講生はどのような気持ちになっているのでしょうね・・・。現在は代表取締役3人体制なのでこの社長室は当然使われていません。

新たな支援先が仮に見つかることになれば、この社長室は真っ先に取り壊しの対象になるでしょう(もっともNOVAは改装費用すら出せないので支援先が全て被ることになるでしょうが)。こういう常軌を逸した社長室ですが、おそらくNOVAに限ったことではなく、上場非上場に関係なくオーナー企業といわれるところはそのような「豪華すぎる」社長室を設立する傾向が多いはずです。

そういった「オーナー企業」のトップは企業を私物化する傾向があり、それに警鐘を鳴らすために社長室を公開した(悪く言えば「晒した」)というのであれば大きな意味があるのではないかと思っています。そのNOVA1週間以内には支援企業が発表できるかもということですが、実際に上手くいくのでしょうかね・・・。また、前社長との連絡は弁護士を通して行っているようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。