スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日銀、今回も政策金利は据え置き

(NIKKEI NETより)

日銀金融政策決定会合、金利据え置きを決定・賛成8、反対1

 日銀は31日、金融政策決定会合を開き、政策金利の誘導目標を現状の年0.5%に据え置く方針を決めた。賛成8、反対1の多数決よる決定。世界経済の先行きが不透明で、日本経済への影響を引き続き注視する必要があると判断したとみられる。

 日銀は2月に政策で動かす無担保コール翌日物金利の目標を引き上げた後、10回連続で据え置いた。今回の会合では国内の景気は緩やかに回復しているが、金融市場がまだ不安定で、世界経済の先行きに不確実性があるとの意見が大勢を占めたとみられる。 

(ここまで)

関連記事:金融政策、現状維持を決定=米住宅金融問題の影響見極め-日銀(Yahoo News―時事通信より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071031-00000078-jij-bus_all

これで10回連続日銀による政策金利は据え置かれることになりましたが、最終的に今年はずっと据え置きのままになるのでしょう。今回については日米金融機関サブプライムに関する評価損(米ではメリルリンチのトップが辞任に追い込まれるくらいの影響)で大量の赤字計上を余儀なくされている月なので利上げのタイミングとしても非常に悪いと判断したのだと思います。

ところで、政策金利の据え置きに相変わらず反対票が1票投じられていますが、「また水野さんですか?」と思ったら、やはりそのとおりのようです。ずっと政策金利の据え置きに反対する水野さんの生の声を聞いてみたいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。