スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(差替)続・小沢一郎自滅。

民主党の小沢代表、辞職願提出「党内混乱の責任取る」(Yahoo News―読売新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071104-00000004-yom-pol

民主党がトップ=小沢一郎の暴走で自滅してしまいました。今年の夏に行われた参議院選挙における自民党の内部分裂・自滅によって大勝することになった民主党の勢いがこれで間違いなく止まってしまうことになるでしょう。このまま参議院でイニシアチブを握り続ければ有権者にとっても(これまで裏切り続けてはいるものの)民主党に期待してもいいのではないかという気持ちになっていたでしょうが、結局は密室=独断で連立政権を担おうという小沢一郎のワンマン振りが民主党全体から「アホか!」と言われてしまった、つまり「自滅した」ということになります。どちらが「大連立」ということを持ち出したのかはわかりませんがやはり「政権」という「甘いアメ」にグラリときたのでしょう。

菅氏や鳩山氏といった民主党のトップクラスの人たちはどのような思いで小沢一郎の会見を見ているのでしょうか。小沢辞任ということになれば当然民主党のトップを決める選挙が行われますから民主党にとって自民党に対する攻勢をかける時間をその時間失うことになります。その間に自民党の体制を立て直す時間を与えてしまったということになれば、これは間違いなく民主党にとっては大ダメージです。明日の日経平均株価はこの「民主党ショック」はどのように影響してしまうのでしょうかね・・・。

せっかくこのまま行けば自民党の不安定な状況につけこんで民主党政権も実現味を帯びてきたはずですが、一連の過程でまた非現実的になってしまったような気がします。これでは民主党議員のモチベーションというのも大きく下がってしまいます・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。