スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党内はすでに「ポスト小沢」

<小沢代表辞意>岡田氏の再登板…菅氏が暫定で 後任に関心(Yahoo News―毎日新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071104-00000072-mai-pol

すでに民主党内では「ポスト小沢」の名前が挙がっていますが、当然でしょう。ついこの間自民党で「ポスト安倍」ということが持ち上がったのと全く同じ状況です(その「ポスト安倍」はご承知のとおり福田総理になったわけですが)。「ポスト安倍」の時は国会が始まったばかりの時期で確かに空白期間はあったものの自民党としては何とか「ポスト安倍」を選ぶ余裕があったことは事実です。一方で今回の「ポスト小沢」ですが、まさに国会の会期中で民主党としては「ポスト小沢」ばかりに集中できない、最悪のタイミングでのトップ退陣になってしまいました。

その「ポスト小沢」ですが、民主党って以外にトップとして担ぐべき人材が意外といません。議員は衆参合わせてそれなりにいるものの、「大物感」のある人はすでに党のトップに立ったことがある人たちばかりで、その後継と呼べる人が(以前トップに立っていた前原氏以外は)本当にいません。民主党としてはせっかく参議院選挙で小沢氏の下で大勝したのに、遅くとも2年後に行われる(解散の場合は当然その前)衆議院選挙にはまた「新たな顔」を立てなければなりません。自民党と同様民主党も今度トップになる人は「暫定」トップの色が濃くなりますが、同時に自民党になめられないためのトップであることも要求されるので民主党のトップ争いは混迷を極めるでしょうね・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。