スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢一郎、「自滅」の顛末

小沢代表が辞意撤回を正式表明 謝罪(Yahoo News―産経新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071107-00000955-san-pol

結局、小沢一郎は民主党のトップに居座ることになったようで、現在記者会見が行われています。これで小沢氏が辞めてしまうとまた民主党のトップ選挙によって国会に集中できないという異常事態になるところでしたが、どうやらそういった事態は避けることになりそうです。そういう意味では民主党としても国会に集中できる環境にはなりましたが、小沢氏が起こしてしまった一連の混乱で国会における民主党の影響力・民主党内における小沢氏の影響力というものは大きく下落してしまったことは間違いのないところです。

一方の自民党としては、これで一部が影で動いていた「大連立」という考えがなくなったに等しいでしょうが、参議院選挙直後から一連の事態になるまでの自民党の非常に不利な状況から、遅くとも2年後には行われる衆議院選挙は若干戦いやすくなってきたことは事実でしょう。逆に民主党としては戦いにくくなったのも事実でしょう。何だかんだ言っても結局は一枚岩になれる政党とそうでない政党との差がくっきりと出てしまった感じのようにも思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。