スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GM、「3Q」だけで4兆5000億円の最終赤字

(NIKKEI NETより)

GM、最終赤字4兆5000億円・7―9月、四半期で最大
 
ゼネラル・モーターズ(GM)は7日、7―9月期の最終赤字が四半期としては過去最大の389億6300万ドル(約4兆5000億円、前年同期は1億4700万ドルの赤字)になったと発表した。今後の収益見通しが悪化したため、税効果会計に基づいてこれまで資産計上していた繰り延べ税金資産の取り崩しを迫られ、約390億ドルの費用を計上したことが響いた。2007年通期でも過去最大の巨額損失に陥ることは確実な情勢だ。

 赤字額はGMが1992年に計上した過去最大の最終赤字(通年)235億ドルすら上回り、世界の製造業の中で最大級。GMは05年に100億ドル、06年に20億ドルの最終赤字だった。

(ここまで)

GMが四半期で4兆4400億円赤字、過去最悪(Yahoo News―読売新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071107-00000316-yom-bus_all

GMの3Qにおける大幅最終赤字の原因が収益悪化による繰延税金の大量取り崩しによるものだということのようですが、それにしても「3Q」だけでこれだけの大量の額になってしまうというのが恐ろしいところではありますね。米では各金融機関がサブプライムの大量評価損を「3Q」だけで計上することでトップの(しかも2人)のクビが飛んでいますからね・・・。

GMの3Qの大幅赤字はGMの通期の最終赤字すら上回っているようですから、経営状況としてはかなりキツイものがあるでしょう。昨日発表したトヨタ自動車の中間決算に対して(四半期と中間を比較するのは多少無理はあるものの)「勢いの差」というものがそのまま出てしまったようにも思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。