スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経平均、ついに15000円台割れ

東京株、年初来安値更新 1万4868円で取引開始(Yahoo News―産経新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071120-00000908-san-bus_all

それにしても11月になって日経平均が悲惨な状況になってしまっていますね・・・。8月あたりに表面化してきたサブプライム問題の影響でNYも東京も市場としてはキツイ状況を乗り越えたはずだと思っていた(実際に日経平均は18000円台に到達するかのレベルに達していたはず)のが、日米ともにサブプライムの評価損が明らかになり、かつ円高(いつの間にか1ドル=110円台を割ってしまっている・・・)ということで市場に好材料が全くない状況では、本当にどうしようもないですね・・・。

あの8月中旬の「ブラック・フライデー」が安値の底だとほとんどの人が思っていたはずですが、実際にはそれを下回っているわけですから、状況としては非常に最悪ですよね・・・。こんな状況では日銀も政策金利の引き上げなどできるわけもありませんし、景気回復という声もトーンダウンしてしまうのは確実です。これが本当に日経平均の底値になったもらいたいものですが、おそらくまだまだ下回ってしまうのでしょうね・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。