スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティール、ブルドック株の一部を売却

スティール、ブルドック株の一部売却…投資戦略見直しか(Yahoo News―読売新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071128-00000301-yom-bus_all

日本企業におけるM&A戦略を大いに騒がせたスティール・パートナーズブルドックソースTOB抗争ですが、ブルドックのある意味「掟破り」の新株予約権発行(=株券印刷)で何とかブルドックスティールの攻撃を凌いだ(ブルドックもこの影響で業績がおかしくなった)わけですが、これにビビッたのかどうかはわかりませんがスティールが現在所有しているブルドック株の一部を売却したようです。

現時点でのブルドックの株価は269円、過去1ヶ月の株価もこのレベルで推移していましたから、新株予約権の権利に相当する金銭を一株あたり450~460円で受け取ったスティールからすればすでに理論株価を下回っているブルドック株を売ったとしても大した損にはならないからあくまでも株主として経営のチェックができる範囲でブルドック株を売ったというのがおそらく真相なのでないかという気がします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。