スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサヒ、キリンに続いてビール系飲料を値上げへ

(NIKKEI NETより)

アサヒビールも値上げ、18年ぶり

 アサヒビールは30日、ビール系飲料(ビール、発泡酒、第3のビール)の商品(輸入品など除く)を、2008年3月1日から値上げすると発表した。店頭価格は3―5%程度上昇すると見込まれる。原料である麦芽やアルミなどの価格上昇に対応する。酒税改正に伴う値上げを除けば、ビール価格は1990年3月以来、実質的に据え置いていた。

 同業では、キリンホールディングスが08年2月からのビール値上げを発表している。

(ここまで)

関連記事:アサヒビールも値上げ、3月出荷分から(Yahoo News―読売新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071130-00000404-yom-bus_all

ビール、発泡酒、新ジャンル、ビールテイスト飲料の商品価格改定について(アサヒビールのリリース)

アサヒビールキリンHD(キリンビール)に続いてビール系飲料の値上げに踏み切ることになるようです。理由は食料品メーカーの宿命でもある原料高によって現在の価格を維持するのはこれ以上のコスト削減策などの企業努力では無理だということです。アサヒでは原料高は短期的なものではなく中長期的に続くと予想しており、そのためにはやはり価格値上げしか選択肢がないことをリリースで記載していますが、アサヒが苦しいのはもちろんのこと、「スーパードライ」などアサヒの商品を気に入っている消費者・ファンもこの決定は非常に残念なことででしょう。

キリンアサヒが価格値上げするということになれば、当然まだ何の声明もないサッポロサントリーもこの流れ=商品価格値上げに追随することは確実でしょうから、ビール党の方々にとっては財布に大きな影響が出ることは間違いなく、かつこういう状況がいつ終わるかということも予想ができないので非常に辛い日々が続くのではないかと思われます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。