スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「廉価版効果」でPS3がWiiの月間販売数を「初めて」超える

<PS3>値下げ効果でWiiを逆転 11月ゲーム販売(Yahoo News―毎日新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071130-00000016-maiall-game

昨年の11月中旬に鳴り物入りでソニーの「プレイステーション3」が発売されたわけですが、ちょうど昨年の今頃に発売された任天堂の「Wii」が発売されると立場はいきなり逆転、「PS3」は在庫が有り余るほどなのに対して「Wii」は常に(そして現在もある程度は)完売→在庫不足という状況が約1年間も続いたことになります。そしてようやく「PS3」が「廉価版」の発売によって何とか「Wii」の月間販売台数を「初めて」超えたということになるわけですが、ソニーとしては全く予想外の展開であったことは間違いないでしょう。

現実に「PS3」はソニーの連結業績に大きな穴を作ってしまいました(本業のエレクトロニクス部門でその穴は埋まったものの)し、「PS3」用の先端半導体も来年には東芝に売ってしまいますので「PS3強調文」における周囲の環境としてはまだまだ「元を取る」というレベルに至っていません。ようやくその「元を取る」というレベルの基礎に達した段階であろうと思います。一方の任天堂ですが、任天堂としては「PS3」の売れ行きがよくなくても「ソニーのことだから」必ず巻き返しがあると予測していたはずでしょうから「初めて」ソニーに販売台数を上回られたといっても「想定の範囲内」であり、かつ「ようやく来たか」という感じで受け止めていると思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。