スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ニンテンドーDS」の「1人1台化計画」は他企業との共同プロジェクトが不可欠

ニンテンドーDS “1人1台”へ布石 アニメ・書籍…広がる用途(Yahoo News―フジサンケイ ビジネスアイより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071206-00000005-fsi-bus_all

任天堂強調文の究極の目標として、「Wiiは一家に1台」「ニンテンドーDSは1人1台」ということを掲げていますが、後者の「DS強調文」についてはすでにその布石を打ち始めています。単にゲームソフトだけでは「1人1台」は達成できませんから、引用リンクにあるような「DS」を利用したコンテンツソフトの利用やベネッセと組んで学習ソフトを販売することなど任天堂強調文単独というよりは「DS」を利用したいという各企業との「共同プロジェクト」として「DSの1人1台化」があげられているものと思います。

当然「1人1台」ということですから現実的には無理な目標です。ただし「一家で使い回すことによって1人に行き渡る」ということは可能ですから、とりあえずはこのレベルに到達させることが任天堂としては目標となるでしょう。それでもやはりこのレベルでも任天堂単独では達成させることは困難なので、各企業やソフトメーカーの協力が必要不可欠となるのは間違いありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。