スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日空、格安国際線航空会社を合弁で設立へ

(asahi.comより)

全日空が格安航空会社 近距離国際線、合弁で設立へ

 全日本空輸の山元峯生社長は11日、訪問先の上海で朝日新聞のインタビューに答え、近距離の国際線を運航する格安航空会社(LCC)を09年度にも設立する方針を明らかにした。アジアの航空会社との合弁形式を想定しており、すでに韓国や中国の航空会社に参加を打診しているという。

 来年2月に発表する08~11年度の中期経営計画に盛り込む。少子高齢化で国内線の需要増が期待できない中、国際線を貨物事業と並ぶ成長の重点分野と位置づける方針で、LCCはその柱の一つに据える。

 LCCはサービスを絞り込むなどして徹底的な低価格戦略をとり、東南アジアを中心に成長している。韓国でも大韓航空が子会社のLCCを年内にも設立し、日本にも就航することを表明した。

 こうした競争環境について、山元社長は「近距離など路線によっては、全日空本体のコスト構造では立ち行かなくなる」と指摘。自前のLCCが必要と判断したという。

 成田空港の滑走路延長や羽田空港の拡張で、首都圏の発着枠が拡大する10年に照準を合わせ、設立準備を進める。「既存の航空会社と組めば準備期間も短縮できる」(山元社長)と見ており、拠点も人件費が安い海外に置く方針だ。

(ここまで)

関連記事:全日空、格安航空会社を設立 21年度までに、国際線専用(Yahoo News―産経新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071212-00000074-san-bus_all

日本における国内の格安航空会社といえばスカイマークなどが有名ですが国際線となる聞いたことがありません。そこで国際線専門の格安航空会社を合弁で設立しようと音頭をとったのが全日空ということのようです。ライバルの日本航空が経営再建であまり手出しができないことをうまく利用したという感じでしょうか。朝日の記事にもあるように「全日空のコスト(=高コスト)では近距離戦だと採算割れしてしまう」ということでこういう構想を考えたのでしょうが、それを考えるのであればもっと全日空自体のコスト削減に努力すればいいのではと考えてしまいますが・・・。

合弁を考えた理由は上記のとおりコストに関するノウハウが全くといっていいほどないからだと思いますが、そういう過程で全日空本体がコスト減に関する努力を身につけてほしいですが、全日空としては「全日空は全日空、格安航空会社は格安航空会社」という棲み分けをおそらくするのでしょうね・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。