スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GMO、ヤフーに事実上の「救済要求」

第三者割当により発行される株式の募集に関するお知らせ(GMOのリリース)

ヤフー株式会社との資本・業務提携に関するお知らせ(同上)

GMOが熊谷社長(株式と不動産)とヤフーに対して第三者割当増資を行うようですが、その理由が処分した畑違いのローン・クレジット会社が残した貸付金等計58億円を特別損失に計上して株主資本が毀損した=債務超過になる可能性が高い(ちなみに自己資本は今期中間期で僅か0.5%=中間決算短信による)というあまりにも笑えない理由です。そんなことなら全くノウハウのない業種に手を出すなよ・・・とツッコミを入れたくなってしまいます。株式で約14億円、不動産で約45億円をを調達して資本が単体15億円・連結47億円になるということですから、本当に資本がなくなってしまうということのようです。

ヤフーとの資本・業務提携ですが、業務提携の内容については一切記載されていません。あくまでも推測ですが業務提携は名ばかりで、ヤフーに対して「カネを出してくれ」と助けを求めたのではないかと思います。本当に業務提携ならばその内容が確実に記載されるはずですから。それほど(特に社長が不動産などの資産提供をしなければならないくらい)GMOというのは経営的には苦しかったのだと思われます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。