スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲子園球場と「ネーミングライツ」

(NIKKEI NETより)

甲子園球場、一部内野席に命名権・みずほ銀と東芝に

 阪神電気鉄道は19日、阪神甲子園球場の一部内野席のネーミングライツ(命名権)を、東芝とみずほ銀行に売却すると発表した。契約期間は2008年から5年間で、名称は「TOSHIBAシート」(約1000席)と「みずほ銀行シート」(約2400席)。契約には命名権のほか、座席の背面にシート名称を書いたプレートを出す権利なども含んでいる。金額は公表していない。

 19日午前、大阪市内で調印式を実施し、東芝の小林俊介執行役常務、みずほ銀行の石川宣博常務執行役員、阪神タイガースの宮崎恒彰オーナー、阪神電鉄の坂井信也社長が出席。坂井社長は「新しい球場で気持ちよく観戦してもらうための原資にしたい」と語った。

 阪神甲子園球場は2009年3月の新装開業を目指して全面改修している。総事業費は約200億円。座席の前後間隔を広げるなどして快適性を高める。

(ここまで)

関連記事:甲子園座席命名権を東芝、みずほ銀が取得(Yahoo News―日刊スポーツより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071219-00000004-nks_fl-base

日本のプロ野球界でも球場(福岡ドームヤフー大阪ドーム京セラ宮城球場=今年までフルキャスト)ではネーミングライツで企業をアピールすることが日常的になってきていますが、これが球場「内」、しかも指定席となると甲子園球場のこの事例が初めてになります。ネーミングライツについてあまりポジティブに考えていないと思われるセ・リーグの、しかも事実上の一番人気である阪神タイガースの本拠地でこのような特殊な形でのネーミングライツが行われることに驚きを隠せません。阪神球団はともかく、東芝みずほもこのような形でのネーミングライツに賛同したこともすばらしいと思います。

こういう事例ができた以上、これまでの球場自体におけるネーミングライツに加えて指定席のネーミングライツ(特にシーズンシートなんかはつけやすそう)というのも頻繁に行われていくのかもしれません。もっとも甲子園の場合は現在改装中ということで球場内部の「目玉」ということにしたかったのでしょうが、こういう柔軟な姿勢を持つことも野球界にとっては非常に大切なことではないかと思いました。それにしても気になるのがネーミングライツの「お値段」でしょう。契約金額が公表されていないだけに、非常に気になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。