スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代高速無線通信の免許、KDDIとウィルコムに正式決定

KDDIとウィルコムに免許=次世代無線通信で-総務省が決定(Yahoo News―時事通信より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071221-00000109-jij-pol

これまでは、次世代高速無線通信の免許はKDDIウィルコムに「内定」という形で報道されてきましたが、今日の総務省の審議会においてこの2社に正式に決定するという判断がなされたようです。これでNTTドコモソフトバンクを含めた4社連合の次世代高速無線通信の免許争いはKDDIウィルコムの2社に正式に決まったことで幕を下ろすことになります。こういう記事は基本的には日経が最初に報じるはずなのですが、なぜか日経ではメインで報じていないのが気になりますが・・・。

とにかくKDDIウィルコムに決まったということで、2社には2009年中にビジネス化=商用化を目指すという以上は次世代高速無線通信を利用したいというユーザーに対してユーザーの利便性に迅速に応えられるように技術努力及びサービス努力を行ってもらいたいものです。選に漏れたNTTドコモソフトバンクは今後どのような対応を迫られるのでしょうか。KDDIが事実上放棄したAppleの「iPhone」の独占販売交渉権獲得に本腰を入れるのでしょうか。通信業界における技術上のアドバンテージをめぐる争いは今回で当然終わったわけではないので今後も新しい技術が生まれれば継続して行われることでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。