スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(差替)キヤノン・日立・松下による薄型パネル連合が正式発表

薄型パネル3社提携合意・松下など、25日発表

 松下電器産業キヤノン日立製作所の3社は24日、薄型パネルでの包括提携に基本合意した。中小型液晶パネルを製造し、次世代パネルの有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)を開発する日立の子会社に松下キヤノンが今年度内をめどに出資する。3社社長が25日に都内で記者会見を開き発表する。

 日立の全額出資子会社である日立ディスプレイズ(東京・千代田)に松下キヤノンが出資。出資後の株主構成は日立が50%強、残りを松下キヤノンが半分ずつ保有する。出資額は今後調整。出資後、3社は液晶より高画質の有機ELパネルを共同で開発・生産する。キヤノンデジタルカメラなどの小型モニターとして利用。松下次世代テレビ向けに活用する方向で検討する。

(ここまで)

液晶ディスプレイ事業における日立、キヤノン、松下の基本合意について(キヤノン・日立・松下の共同リリース)

関連記事:松下、キヤノン、日立の3社が液晶ディスプレイ事業で提携(Yahoo News―ITmediaより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071225-00000037-zdn_lp-sci

日経などですでに報じられていたキヤノン日立松下の液晶ディスプレイ連合(業務提携)が正式に発表されました。日立松下連合にはこれまで東芝がいたわけですが、その東芝がこの連合を抜けてシャープ液晶・半導体の相互提携を結んだ代わりにキヤノンが新たに日立・松下連合に加入したという形になります。

基本的に有機ELパネルの開発で3社がタッグを組むわけですが、リリースにある「最先端のディスプレイ技術の開発やその応用製品の拡大を加速していきます」ということが実現できればこれは非常に面白い技術提携になるものと思いますし、実際にそうなってくれることを願うばかりです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。