スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の日経平均は「爆下げ」からスタート

(NIKKEI NETより)

日経平均、一時750円安・大発会、終値1万4691円

 2008年最初の取引となる4日の東京株式市場の大発会で日経平均株価が急落。下げ幅は一時750円を超え、終値でも昨年11月に付けた安値(1万4837円)を割り込んだ。大発会の株価下落は7年ぶり。東京市場が休場だった年末年始に海外で為替の円高が進んだ上、原油高騰による企業業績の悪化が警戒された。外国為替市場では円相場が上昇。一時1ドル=108円台まで円高・ドル安が加速し、波乱の幕開けとなった。

日経平均の終値は07年末に比べて616円37銭(4.03%)安の1万4691円41銭と、昨年来安値で取引を終えた。大発会で取引は午前中のみ。大発会1日の値下がり幅としては過去最大だった。

 急速な円高に加え、2日のニューヨーク原油先物市場で原油価格強調文が初めて1バレル100ドルの大台に乗せたことから、企業業績の先行きに慎重な見方が広がった。午前9時の取引開始直後から幅広い銘柄に売り注文が膨らみ、東京証券取引所第一部では値下がり銘柄が全体の9割を超える全面安。買い手不在のなか、欧米市場に比べて下げ幅が大きくなった。

(ここまで)

関連記事: 大発会は波乱の幕開け、一時765円の大幅下落(Yahoo News―読売新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080104-00000003-yom-bus_all

今年の日経平均ですが、今日の大発会は午前終了時点で616円安=15000円台割れという「爆下げ」で始まりました。昨年の大納会もたしか「爆下げ」で終了したはずですから、いきなり東京市場としては暗雲漂う市場の始まりになることは確実でしょう。知らないうちに円高(1ドル=110円台を割ってしまっている)になっているし、NY原油が1バレル=100ドルの大台になってしまうという状況下で東京市場の短いオフが明けたらいきなりハンマーで頭を叩き割られてしまうようなダメージになってしまったようです。

今年は原料高で特に食料品の価格値上げが当たり前のように行われることになります。家計も企業もこの影響を受けることは間違いないので景気という面でもおそらく一歩(あるいはそれ以上の)後退が見込まれそうな雰囲気も漂うような東京市場の「先制パンチ」でもあるように思います。市場関係者も「今年は結構ヤバイかもな・・・」という雰囲気を感じていることでしょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。