スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワーナー、ブルーレイに一本化→HD陣営更なる苦境へ

(NIKKEI NETより)

米ワーナー、ブルーレイに一本化・DVD規格争い、早期決着も

 ソニー東芝両陣営による新世代DVDの規格争いで、米映画大手ワーナー・ブラザーズは4日、東芝陣営の「HD―DVD」規格のDVDソフト販売から撤退し、今年6月からはソニー陣営の「ブルーレイ・ディスク(BD)」規格のソフトだけを販売すると発表した。米DVD市場で20%前後のシェアを持つワーナーの戦略転換で勢力図は大きく変わり、規格争いが早期決着する可能性も出てきた。

 BDを支持する映画会社DVDソフトの販売シェアは、ワーナーのほかソニー・ピクチャーズエンタテインメントウォルト・ディズニー20世紀フォックスなどをあわせて70%弱となる。HD―DVDを単独支持するパラマウント・ピクチャーズユニバーサル・ピクチャーズの合計シェア20%強を大きく引き離す。

(ここまで)

関連記事:フォーマット戦争の「終わりの始まり」?――ワーナーがBlu-ray Discに一本化(Yahoo News―ITmediaより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080105-00000002-zdn_lp-sci

ワーナーBDHD両方を支援してきたのを一転してBD一本化にしたということは、もちろん両方の規格に対応するためのコストパフォーマンスという問題もあるでしょうが、そのコストパフォーマンスというものを考えたらやはり「勝ち馬に乗る」ほうがコストパフォーマンスとしては最善です。DVDプレーヤーにしても売れ行きがいいのはBD規格のほうですから、ワーナーBDに一本化するのは自然の成り行きだったのかもしれません。

これで苦境に陥ったのが東芝HD陣営ですが、次世代DVDの販売シェアがBD=70%に対してHD=20%になってしまったということは、シェア争いの競争原理の面ではランチェスター原則から見ればすでに「勝負あった」のレベルです。確かBD陣営の松下の幹部が「規格争いは早くとも1年以内には決着がつく=BDが制する」ということを述べていましたが、どうも現実にそのとおりになってしまいそうな予感がします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。