スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NTTドコモ、今日7日をもってPHSサービスを終了

(NIKKEI NETより)

ドコモ、PHSに幕――7日にサービス終了

 NTTドコモは7日にPHS(簡易型携帯電話)のサービスを終了する。1995年に始まったPHSサービスは通話料金の安さなどから人気を集め、97年のピーク時には契約数が約212万件まで拡大。その後は携帯電話の通話料引き下げやネット接続サービス「iモード」の開始などでPHS離れが加速し、昨年末には約15万5000件まで落ち込んでいた。

 ドコモは2005年5月にPHSの新規契約の受け付けを打ち切った。PHS利用者にはドコモの携帯電話機と無料で交換したり、携帯電話の新規契約手数料を無料にしたりすることで移行を促す。今後は苦戦が続く携帯電話事業に経営資源を集中する。

(ここまで)

関連記事:ドコモのPHSサービス、7日で終了(Yahoo News―Impress Watchより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080107-00000015-imp-sci

携帯電話料金が今ほどの料金でなかった時代(それが約10年位前ですから、時間が経つのが早い)にとっては通話料金の安いPHSはかなり重宝された携帯電話でしたが、料金が徐々に安くなり、携帯電話が単なる電話からインターネットメールに始まり今は財布代わり・ワンセグでテレビも見られるというように進化していった状況では、もはやPHSの出る幕は終わった(=NTTドコモのビジネスモデルにはそぐわなくなった)ということでしょう。

ただし、PHSそのものはウィルコムウィルコムなりのビジネスモデルを持ってサービスを継続中ですし、そのウィルコム次世代高速無線通信の免許を総務省から頂いたのでPHSサービスそのものは携帯電話の補完役という役目は終わったものの、新たな形でサービスは行われていきますからPHSの需要がなくなるということはないものと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。