スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百度(Baidu)は日本の検索市場で市民権を得られるか?

中国のネット検索最大手「百度」日本へ本格進出(Yahoo News―読売新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080113-00000004-yom-bus_all

すでに昨年から日本市場の参入を表明していた中国国内ではGoogleを超えるシェアを誇っている百度(Baidu)が、ついに23日から本格的な検索サービスを開始するようです。検索市場ではGoogleYahooについで第3位(ということは、msnを越しているということ)ということですが、その実態は中国市場の圧倒的シェアに助けられているだけで世界的に見れば全くの無名であるはずです。確か百度は昨年中に日本での本格サービスを始める予定でしたが百度のクローラーが日本国内のサイト・サーバーに過度の負担をかけてしまっているということでアクセス制限をかけられ、本格的サービスの開始時期を先延ばしするという事態になっていましたが、この問題がようやく解決したのでしょう。

ただし、日本の検索市場では外国と違ってYahooが圧倒的シェアを誇っているわけです。順序からすればYahoo>>>>>>>Google>>>msn>>>>>>>その他という序列がついています。百度強調文も最初は「その他」から始まるわけですが、特にYahooが席巻している日本市場において日本のユーザーが百度を受け入れてくれるのかということが大きな問題になってくるわけです。正直言って新参者である百度の入り込む余地はなさそうに思えるのですが、どうでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。