スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタとGMの「プラグイン・ハイブリッドカー」、生き残るのはどっち?

(NIKKEI NETより)

トヨタ、新世代ハイブリッド車を2010年までに発売
 
 トヨタ自動車は小型・軽量で高出力が特徴のリチウムイオン電池を使う新世代のハイブリッド車を2010年までに発売する。一般家庭の電源から充電でき、電気走行を増やすことで走行時の二酸化炭素(CO2)排出量を現行の「プリウス」に比べ約13%減らせる。米ゼネラル・モーターズ(GM)も新世代車を10年にも量産するとしており、日米大手による開発競争が激しくなりそうだ。

 13日に開幕した北米国際自動車ショー(ミシガン州デトロイト)で明らかにした。まず法人向けに販売。大半を北米向けに供給する計画だ。

米GM、プラグイン・ハイブリッド車を2010年にも実用化

 米ゼネラル・モーターズ(GM)は14日、家庭用電源から充電できるプラグイン・ハイブリッド車を2010年にも実用化すると発表した。多目的スポーツ車(SUV)「サターン・ビュー」に搭載し、既存のSUV車に比べ燃費効率を2倍に高めるという。トヨタ自動車も10年までにプラグイン・ハイブリッド車を法人向けに販売する方針を表明したばかり。次期の環境対応車を巡り、開発競争が一段と激しくなりそうだ。

(ここまで)

関連記事:トヨタ 10年までに家庭充電ハイブリッド車発売(Yahoo News―毎日新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080115-00000004-maip-bus_all

期せずして、同じ北米自動車ショーの場でトヨタGMが次世代ハイブリッドカーである「プラグインハイブリッドカー」を同じ2010年までに実用化させるという計画を発表しました。環境に優しい車といえばトヨタが「プリウス」というメジャーな車を出しているように技術上のノウハウにおいては明らかにトヨタ(をはじめとした日本車メーカー)がアドバンテージを握っているものと思いますが、自動車販売台数がそのトヨタに追い抜かれそうなGMとしても一応「世界ナンバーワン」であることの面子にもかけて次世代ハイブリッドカーにおいてはトヨタには負けられないという気持ちが強いと思います。

時期的にはほぼ同じ時期にトヨタGMの「プラグインハイブリッドカー」がリリースされるものと予想されますが、どちらが「プライオリティ」として生き残るのか、あるいは共存できるのかということがこれからのトヨタGM両社の課題となってくるでしょう。当然両社とも市場で(しかも最優先の北米市場で)アドバンテージを握りたいに決まっていますから「その戦い」はすでに始まったといえるのかもしれません。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。