スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本における「著作権」の意味合い

著作権の“日本モデル”は可能か――保護期間延長問題(Yahoo News―ITmedia Newsより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070824-00000059-zdn_n-sci

そもそも、日本において「著作権」という意味合いを考えている人がどれだけいるのか、ということが非常に重要になってくるのではないでしょうか。その意識がないと結局ITmediaの記事にもあるように『「外圧は丸のみせず、日本独自のモデルを模索していきべき」という結論だが、独自モデルの具体的な形は見えず、会場からは「昨年から議論が進んでいない」という指摘』という視点でしか著作権を語ることができないように思います。現にこのシンポジウムでも記事は長々と書いてはあるものの、ここがポイントというものがほとんど見えていないように感じられます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。