スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京市場、上昇の気配なし

東京株、大幅続落 一時1万3000円割れ(Yahoo News―産経新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080122-00000908-san-bus_all

ということで、上昇気配の全くない無残な状況の東京市場ですが、ついに12000円台に転落です。昨日は昨日で爆下げだったわけですが、今日もいきなりそれに劣らないレベルの爆下げから始まっています。先週の金曜日のように突然の急反発ということがないとも限らないので前引け・大引けまでしっかり様子を見る必要はあるでしょうが、今年の初めに15000円台であった株価がたった3週間で2000円以上も下げている(しかも下がる時は爆下げ)現状は相当危険な状態にあると思うのですが・・・。

こんな状況では市場関係者はともかく、個人投資家としても非常に相場としてはやりにくいでしょう。特に信用取引などはかなりのリスクになるのではないでしょうか。現実に東証2部の井上工業の社長が信用取引で多額の損失を被り、追証決済ができずに担保にしていた自社株を担保先の松井証券に召し上げられ、かつ市場に出してしまった(井上工業株はそのせいでストップ安に近いレベルで急落)という笑えない事例も起きてしまっています。本当にこのままでは「明日の光が見えない」という状況がかなりの期間続きそうですね・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。