スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年の自動車販売台数、GMが逃げ切ってトップを死守

(NIKKEI NETより)

GM、07年世界販売台数で首位を死守

 米ゼネラル・モーターズ(GM)が23日発表した2007年の世界の自動車販売台数は前年比3%増の936万9524台となった。トヨタ自動車は同6%増の936万6000台で、GMがわずかな差で首位を守った。ただGMは日本車の攻勢を受け主力の北米市場で苦戦。トヨタに対し06年で28万台あったリードが大幅に縮小しており、両社の勢いの差が鮮明になった。

 ガソリン価格が高止まりするなか、GMは多目的スポーツ車(SUV)など大型車の販売が低迷し、北米の販売が減少。ただトヨタに先行する中国などアジア・太平洋地域、南米などの販売増で補った。

 トヨタは低燃費の小型車人気を追い風に主力の「カムリ」やハイブリッド車「プリウス」などの売れ行きが米国で堅調に推移。新興国市場も伸び、世界販売台数全体の増加率はGMを上回った。07年の生産台数は前年比5%増の951万台とすでに世界一が確定している。

(ここまで)

関連記事:<07年車販売台数>GMが首位 トヨタ3000台及ばず(Yahoo News―毎日新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080123-00000157-mai-bus_all

GMが、何とか逃げ切って2007年も世界自動車販売台数のトップを死守することができました。GMを猛追しているのはもちろんトヨタで、その差は約3000台という僅差のレベルにまでなっています。ただしトヨタの数字はダイハツ日野の台数も含まれていますから実質的にはまだまだ「GM帝国」の座は揺るぎないはずなのですが、現実的にはそうはなっていないに等しい(生産台数ではすでにトヨタに抜かれたことが決まっている)ですからね・・・。

問題は今年=2008年です。すでに昨年から自動車生産台数はともかく、販売台数でもトヨタGMを上回ることが確実視されているという報道がなされていますが、来年の今頃になってそれが現実のものとなった場合のGMトヨタの反応というものを見てみたいものです。GMも胡坐をかいていたわけではないでしょうが、それ以上にトヨタの勢いが勝りGMが押されてしまったということが近年の傾向であるだけに、今年もその傾向を覆すことは難しそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。