スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角川、YouTubeとの提携を正式発表

(NIKKEI NETより)

米グーグルと角川、ユーチューブで広告・国内向け、合法的投稿促す

 米グーグル角川グループホールディングスは25日、グーグルが運営する世界最大の動画共有サービス「ユーチューブ」を広告メディアに活用する事業を国内で共同展開すると発表した。国内の映画やアニメなどのコンテンツ制作企業は、著作物を勝手に加工した投稿動画が横行するユーチューブへの警戒感が強かった。両社はユーチューブのサイト上の権利侵害防止システムをこのほど稼働させたのを機に合法的な投稿を促し、広告付き動画を広める。

 ユーチューブ上の広告付き動画は米国などで普及しており、グーグルと角川は日本で初めて展開する。

 両社は著作権侵害に当たる動画を検知するシステムを共同開発した。角川を含めたコンテンツ保有企業がコンテンツを新システムに登録すれば、権利侵害動画の投稿を未然に防ぐなど対策が可能になる。


(ここまで)

日本におけるYouTubeコンテンツ関連企業との関係は著作権団体の徹底的なネガティブキャンペーンもあってあまり良好なものではありませんが、その中で角川グループが「著作権に抵触しないものであればYouTubeに投稿することに問題はない」としてGoogleYouTubeと提携することはコンテンツ関連企業としては思い切った決断であると思います。引用記事のように日本初ですからそういうイメージも出てくるのでしょうが、「角川がやるのなら、ウチも」と名乗りを上げる企業が出てきてもらいたいところですが、どうでしょうか。

もちろん、著作権の侵害という問題は間違いなく出てくるので角川GoogleYouTubeの技術協力に参加するわけですが、角川としては投稿者に対する著作権啓蒙のレベルまで手を付けてもらう=技術だけでなくマインドまで啓蒙してもらいたいところです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。