スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google 4Q発表

グーグル、第4四半期決算を発表--増収増益もアナリストの予想に一歩及ばず(CNET Japanより)

米グーグルの第4四半期は増益、市場予想は下回る(Yahoo News―ロイターより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080201-00000045-reu-bus_all

Googleという企業は、現在は投資家にしてもウォールストリートの人にしても非常に、というよりは過剰に高評価というものを期待されてしまっている企業ですから、いくら四半期ごとで増収増益になっても予想を下回るということが許されないという雰囲気が非常に高まっているようです。先日Yahoo(日本ではなく本国。日本は相変わらず業績好調)の四半期決算が発表された時の内容とは比較にはならないでしょうが、それでもGoogleについては「もっとできるはず」ということで株価もそれに反応して落ち気味にあるようです。

ただ、ずっと「飛ぶ鳥を落とすほどの勢い」というものは永久に続くものではないということはウォールストリートの人も知っておいたほうがいいと思います。Googleのビジネスモデルは大雑把に言って検索広告M&Aの3つしかありませんからその3つ(特に検索と広告は連動しているので)のうち一つでも欠けたら・・・ということも当然将来的にはありえない話ではないと思います。Googleは将来的なビジネスモデルをどのように考えているのか、ぜひ知りたいところではあります(すでにいくつかのアイデアは思いついているかもしれませんが)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。