スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ、生産台数ではGMを抜く

(NIKKEI NETより)

トヨタ、世界生産で首位・2007年

 米ゼネラル・モーターズ(GM)が1日発表した2007年通年の世界生産台数は前年比1%増の928万5000台だった。トヨタ自動車が先月末に公表した世界生産台数(確定値)は949万7754台。トヨタGMを約20万台上回り、世界生産で初めて首位になった。

 GMは事業再建中の北米の生産が同8%減少。欧州やアジア・太平洋地域などで増産したが、北米の落ち込みで全体の生産台数が伸び悩んだ。

(ここまで)

関連記事:自動車生産台数、トヨタがGM抜き世界一に(Yahoo News―読売新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080202-00000015-yom-bus_all

トヨタ自動車が、生産台数ではついにGMを抜いて世界最高になることが決まりました。GMが手間取っている中でここ数年のうちに急激にトヨタが生産台数を伸ばしたこと、自動車市場の主戦場である北米でトヨタが順調に生産台数を伸ばしていくのにGMが全くついていけないという状態が重なって、ついにトヨタGMの立場が数字上も逆転してしまったということになります(ただし、自動車販売台数は辛くもGMが逃げ切ってトップを死守したが、トヨタに逆転されるのは時間の問題)。

今後もトヨタGMの差は(生産台数も販売台数も)縮まるどころか広がっていくということが予想されていますから、文字通りの「世界のトヨタ」として自動車市場では席巻していくものと思われます。トヨタとしては世界一になったからといってあまり意識はしないでしょうが、長年君臨していたトップの座から引きずり降ろされたGMは絶対に巻き返しに動くでしょう。その主戦場となるのはやはり北米ということになるのでしょうか。日経の記事にあるように肝心の北米で生産が減少しているという現実をGMは認識しなければなりませんが・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。