スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(差替)宮城球場、「日本製紙」の名を外すことで決着

<楽天>球場名の「日本製紙」、宮城知事が外す方針表明(Yahoo News―毎日新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080204-00000043-mai-base

楽天イーグルスの本拠地である宮城球場は今年から日本製紙ネーミングライツを取得して「日本製紙クリネックススタジアム宮城」と呼称されることになっていましたが、日本製紙から始まったはがきなどの古紙配合偽装問題でネーミングライツの行方も非常に問題になっていたところですが、結局は「日本製紙」の名を外すことだけでネーミングライツ自体は存続という落としどころで決着がついたようです。日本製紙としても宮城球場・宮城県としても何とか落としどころを見つけたことでひとまずは安堵したのではないでしょうか。

宮城球場及び宮城県としては昨年のフルキャストのような二の舞は踏みたくはなかったでしょうが、「何とかしてくれよ・・・」という思いはより強くなったものと思います。問題となるのは日本製紙との契約期間が終了した場合の対応というものが非常に非常に気になってくるところですが、契約が終了してまたネーミングライツを募集するとなるとその改装だけでも大変ですからずっと続けてほしい(続けてもらいたい)ところでしょうが・・・。ただいきなりネーミングライツにミソがついてしまったという事実には変わりがありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。